« 2006年09月 | メイン | 2007年03月 »

2007年02月25日

No.45 - 気付いたら。

気付いたら年越しちゃってしかも2月の終わりで、最終日を確認したら9月2日です。

どう見てもサボりです、本当にごめんなさい。

なんか10月に入ってから妙にROに入る時間が減ってまして、その時間がなにに回ったかというと、

マビノギ
マビノギでした(

ちょっと気分転換に、某所のチャットで名前だけ聞いていたマビノギをやったのですが、意外なほどやるようになってしまいつつ...。

まぁ、ROはかなり前にバージョンアップして、忍者やガンスリンガー、フィゲルマップなどが実装されたわけですが・・・。

3つしかないスロットのうちのキャラを消すほどの魅力ではなく、かといって、まったくやりたくないわけでもないのですが、明らかにスロット足らなくないですか(

日本のROはどうも、変なイベントはして、BOTはほぼ放置(に近い対応)で、客に対するサービス心が弱い気がします。サービスを売る会社の癖に。

前々から思ってることだし、いまさらだけどね。

愚痴から入りましたが。

まぁなんでマビノギにはまってるのか、良いところをあげてみる。

どうもこのゲームの戦闘は単純なクリック>殴る>殴り続ける>( ゚ρ゚)>勝利という図式に当てはまらないからかな。

もちろん敵モンスターもAIを持っていてそれにしたがって動くために、それに対応した戦闘パターンなんてのもあったりしますが、これがこのモンスターを倒す唯一のパターンというのもない気がします。かなり幅広い戦闘行動ができるってのがなかなかいいところかも。

あと、ダンジョンは、そのPTごとに生成されて、他人のキャラクターが入ることが基本的にない。横殴りがダンジョン内では存在しえない。

キャラクタが着る衣服もグラフィックに適応されて、かつ服はその時々によって色が違うため、個性的にキャラを作ることができる。その衣服でさえ、スキルを取得すれば自作できる。

音楽の演奏ができる。これは画期的だけれど著作権とかを考えるとまぁ、かなりいろいろあるとは思うけどね。

自由度はROと比べると段違いで高いだろう。

悪いところはまぁ、どこにでも存在するBOTかなぁ。ROよかひどいってこともないけど目立つ。

ときどき長い遅延が発生する。このとき、なぜか自キャラは動けないが、モンスターはそのまま動くとかかなりやばい現象が起こる。

1ミスが死に繋がるマビノギの戦闘形式でこれはかなり致命的。

ただ、これは最近ほとんどないかも。

まぁ、常にラグが発生するような感じも今のところないから何とか我慢できるかも。

そんなところで、ROの戦闘に飽きがきて気分転換したい人は、マビノギが面白いと感じるかもしれない。

ROは、時々やってます。キャラパス実装されて入るのがめんどうだけれど、とりあえずLokiのBSとHeimdalのWizを重点的に・w・b

...27日からキャラスロット5つになるのね。

投稿者 fumox : 06:09 [ 2: diary ] | トラックバック